自己処理2




除毛剤・ワックス

毛深いお子さんは、他の子からからかわれたり、お年頃で気になり始めると、むだ毛の処理を希望します。最も簡単で経済的なのがカミソリでの脱毛処理ですが、これは肌を傷つけてしまいます。そこで除毛剤やワックスを使用しているという人もいます。

確かにカミソリに較べれば、肌を痛める確率も少ないでしょう。しかし、皮膚が薄いお子さんにとっては、除毛剤やワックスでの脱毛処理は刺激が強いので、やはりおすすめできません。除毛剤は毛の根元からの脱毛ではない為に、またすぐに毛が生えてきてしまいます。

脱毛ワックスは根毛からの脱毛ができますが、、ワックスを剥がす時には痛みも強く、場合によっては毛穴から血が出るという事もあります。やはり、子供脱毛でプロに任せる方が安全ですね。


家庭用脱毛器

最近では、家庭用脱毛器も手頃な値段で手に入るようになりました。性能もアップしてきている事から、自宅で家庭用脱毛器を使い脱毛処理をしている人も増えてきました。しかし、この家庭用脱毛器は子供の脱毛に使えるのでしょうか?

家庭用脱毛器は光脱毛と呼ばれる方法の脱毛方式で、熱で根毛の組織にダメージを与えます。つまり肌に高熱の光を当てる事になります。子供の肌は大人に較べて薄く、デリケートなので、この方法では肌への負担が大きくなります。

もし家庭用脱毛器で脱毛処理をしたい場合には、最低でも12歳以上である事が望ましいと言えます。12歳以下のお子様の脱毛を考える場合には、やはり子供脱毛を扱っているサロンでプロの方に行ってもらった方が安全性が高いと言えます。



Copyright (C)2012-2014 子供脱毛徹底ナビ All Rights Reserved.
外為ジャパンの口コミ