思春期に気になる




ワキやデリケートゾーンに毛が生えてきてイヤ!

小学校の高学年頃になると思春期に入り、ワキやデリケートゾーンに発毛がある子供が多くなります。これは大人への仲間入りの証拠なのですが、この年齢の子供達にとっては恥ずかしいという気持ちの方が大きいのです。

ですからこっそりとカミソリなどを使用して、この部分に生えているむだ毛の処理を始める子供が多くなります。しかし、まだ大人の肌に較べると刺激に弱く、自分でムダ毛を処理するのは安全だとは言えません。

仕上がりもムラがありますし、脱毛処理した部分が傷ついて赤く腫れてしまう事もあります。もしお子様が思春期に入ってその様な行動をし始めたら、見て見ぬふりをするのではなく、親子できちんと脱毛処理についての話をする事が大切です。


好きな人ができたけど、腕や足の毛が気になる・・・

思春期になると心と身体に変化が現れます。初恋などを経験するのもこの時期で、女の子は自分の容姿にとても敏感になります。好きな男の子ができても、自分の容姿に自信がもてないと告白する事もできずに、片思いのままで終わる、、、という事になってしまいます。

特に毛深いお子さんでは腕や足のムダ毛が気になり、思い切りおしゃれを楽しめないのに加え、淡い恋心さえあきらめなくてはならないと言うかわいそうな場合もあります。眼鏡の子供がコンタクトレンズを望む様に、毛深い子供には脱毛処理をしてあげるのが、思春期の子供を持つ親の心遣いではないでしょうか?

今では子供の脱毛に力を入れているサロンもあり、安全な脱毛が可能ですので、是非前向きにお子さんの脱毛について考えてあげましょう。



Copyright (C)2012-2014 子供脱毛徹底ナビ All Rights Reserved.
外為ジャパンの口コミ